スポンサードリンク

プロペシアの副作用

薄毛・脱毛・抜け毛などで悩みのある男性に朗報です。プロペシアという医薬品の名前を聞いたことはありませんか。プロペシアはその薬効成分であるフィナステリドの働きにより、男性型脱毛症患者の抜け毛予防対策に著しい効果があるとされています。臨床試験データが数多く報告されていますが、副作用をともなう危険性のある育毛および発毛医薬品であるために注意が必要です。

主なプロペシアの副作用は性機能関係、つまり性欲減退・勃起不全(インポテンツ)・精子減少・睾丸の痛みなどが挙げられていますが、実際にそのような副作用が発症した患者は稀で、症状も軽度で服用を中止すれば回復するのが一般的です。尚、プロペシアの副作用で注意しなければいけないのが、女性は服用することができないということです。

プロペシアは男性型の脱毛症に限り有効な医薬品でありますので、妊婦の方には胎児の生殖器官異常などひじょうに重い副作用がある危険があるので服用はもちろん、割れた錠剤などに触れたりすることもそ体内に吸収される可能性があるため禁止されているのです。これが一番注意しなければいけないプロペシアの副作用です。

プロペシア錠

男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延に使われる内服としてのプロペシア錠という薬が2005年12月より販売されだしました。この薬は医師等の処方箋により入手できるもので、劇薬かつ指定医薬品に分類されます。

プロペシアの治療効果としては、発毛だけではなく抜け毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑え、抜け毛の進行を遅くし、現状を維持することも含まれます。そして抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判定には通常1日1回6か月の服用が必要となります。

プロペシア医薬品ですので様々なプロペシアの副作用もあり、服用に際しては注意を伴います。服用するにあたっては、医師のカウンセリングや指示により用法用量は必ず守り使用しましょう。正しく服用することによって、発毛や抜け毛減少を促すことが期待できるのです。

スポンサードリンク
Copyright © 2008 プロペシアの副作用 All rights reserved.
inserted by FC2 system